« 旧真鍋家住宅(たばこ資料館/徳島県) | トップページ | 古い町並みがつづく阿波池田(徳島県) »

徳島県ならではの うだつの町並みも見られる

Udatunomachi

 JR阿波池田駅(徳島県)から池田駅前通りを北方向に進むと、。旧伊予街道にでる。通称「うだつ町並み通り」 と呼ばれる通りの沿道には、かつて隆盛したタバコの製造業者の商家が軒を連ねている。

目を見張るのは、切妻、本卯建など、さまざまな形式の「うだつ」を構えた商家が多く見られることだ。「うだつ」とは、隣家との境の二階の壁面からつきだした袖壁のこと。もとは防火の役割でしかなかったのだが、裕福な家ほど、立派なうだつを構えたことから、富を表す象徴の意味合いも加わるようになった。 

阿波池田(徳島県)の一帯では、江戸時代末期から明治時代にかけて、豊かな水源や気候風土を生かした、葉たばこが盛んに栽培されていた。「阿波葉」と呼ばれる銘葉で、良質で香ばしいことから、全国の愛煙家に愛されていた。交通の要所であった阿波池田(徳島県)には、近隣の土地で収穫された葉タバコが、一同に集積され、加工・販売が行われていた。

« 旧真鍋家住宅(たばこ資料館/徳島県) | トップページ | 古い町並みがつづく阿波池田(徳島県) »

徳島 特集

阿波池田の観光に便利な宿

無料ブログはココログ

プロフィール

  • (プロフィール) 井上晴雄:昭和52年生まれ ライター、画家として活動している。大阪府在住 旅行作家の会会員

    井上晴雄

    バナーを作成